フリーランスの直接契約にはfeecle(フィークル)がおすすめ!




 

フリーランスとしてクライアントと直接契約をする時に、1番心配になることはちゃんと報酬が支払われるかどうか。そんな時に支払いの仲介を担ってくれるのがフィークルです。フィークルは手数料が3~15%で、報酬を約束されることが最大のメリットです。

今回はフィークルの使い方やメリットについて徹底解説します!

こんな人におすすめ
  • 直接契約をしたいフリーランス
  • 中小企業の経営者

登録は下記からどうぞ。

フィークルを使うメリット

フィークルは受注者と発注者の仲介に立つことで、報酬の支払いが約束されるサービス。

報酬の支払いだけではなく以下のようなメリットがあります。

  • 手数料が安い
  • 手間がそれほどかからない
  • 通常よりも早い期間で報酬を受け取れる

 

手数料が安い

手数料は3~15%と大幅に差があり、「どのくらいの金額に対してどのくらいの手数料がかかるか」正確な数字は明記されていません。利用金額は3万円から。

クライアントワークで有名な「クラウドワークス」や「ランサーズ」は基本的に手数料が20%と定められているため、それに比べると安いですよね。

 

手数料はフィークル申請時に請求金額や振り込み期日をもとにフィークルによって定められます。

この手数料は全て申込者が負担するためクライアントに迷惑をかけることはありません。もちろんその分自分の報酬は減ってしまいますが、早くもらえることと、金銭トラブルに巻き込まれないことを考慮すれば利用価値は大いにあります。

 

手間がかからない

フィークルは以下の3ステップを実行するだけです。

手数料を確認した時に想像よりも高かったら利用を諦めることも可能です。この手数料に自分とクライアント両方が同意することによって契約が成立します。請求書もフィークルが作ってくれるためその手間も省けます。

前述したように手数料に関しては申し込み者のみが支払いますが、クライアントに事前にフィークルを使う事を知らせておきましょう。急にフィークルから連絡がきても戸惑うことなくスムーズに同意が得られます。

 

通常よりも早い期間で受け取れる

フリーランスとして直接契約をしていると、支払いが1か月後、長い場合は数ヶ月になることがほとんど。

フィークルを利用すればクライアントの同意を得てから、最短で1日以内に報酬が振り込まれます。

「そうなるとクライアントが通常よりも早く支払うことになるから迷惑をかけない?」このように疑問に思うかもしれませんが、報酬はフィークルから支払われるため問題ありません。

クライアントからすると、支払い期日は契約時のままで振込先がフィークルへと移るだけです。

 

フィークルのおすすめな使い方

フィークルは以下のような場合に使うことをおすすめします。

  • 規模が大きい仕事
  • 初めて仕事をするクライアント

利用金額が3万円からとなっているため、3万円以上の取引をする場合に利用しましょう。

初めて仕事をするクライアントと直接契約をするのは正直怖いですよね。。

仮に1回だけ仕事をしてみて対応が良いクライアントだったら、2回目以降の仕事ではフィークルの利用なしで取引するのも全然ありです。

 

フィークルの口コミ

2018年8月にリリースされたばかりで、これからさらに手数料率や最低請求金額が変わることもあります。(上記のツイート当時は手数料率が3~10%でした)

そしてベータ版(試用期間中)であるためこれからさらに改善していくことも考えられます。

 

まとめ

ぼく自身未払いトラブルを経験したことがあるため、こういったサービスは非常にありがたいと感じました。その時は少額でしたがモチベーションは大きく下がりました。それ以降はクラウドワークス等の安心できるサービスのみしか利用してませんが、直接契約もありだなと思います。

フィークルの利点を簡単にまとめると

  • 支払いトラブルを回避できる
  • 報酬を早く得られる
  • 手数料がクラウドワークスやランサーズより安い

などがあります。

フリーランスとして自分のことは自分で守らなけばいけません。無駄なストレスを抱える前にしっかりと対策をしておきましょう。

登録は無料で簡単にできるのでお気軽に下記からどうぞ!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です