退職してフリーランスになってから約8ヶ月経過




 

退職してから約8ヶ月が経過しました。

ここら辺で1度振り返ってから、今後にやりたいことをザーッと書いていきます。ひたすら殴り書きしていくので見づらいし無益です。

ちなみに僕がフリーランスになった経緯は、新卒会社員として5か月ほど働いてみたけど限界がきたのですぐに逃げました。

スキルも全くない状態からのスタートです。

スキルも全くなく、意識も低い人間がとりあえずフリーランスになったらどうなるのか気になる方は見てみるといいかも。

フリーランスになってからの簡単な経歴

まずはブロガーを目指してみた。

この時は約2週間くらいは毎日更新してた。でも今まで文章書くのが大嫌いで、ビジネスのことなんて何もわからなくて、「このまま続けてみて本当に大丈夫なの?」と不安になりまたここで何かしらの逃げ道を探す。

するとNPO法人のマキワリプログラムというのを発見し、高知県の嶺北地域にはフリーランスが多いことを知り、すぐに参加を決める。

そこでは今までの自分とは全く考えが違う人達が多く、本当に楽しそうに暮らしていた。この時は1週間だけの滞在だったけど、自分の中で大きく価値観が変わったのは紛れもなくこの時だと思う。

何がどう変わったのかはうまく言えないけど。

NPO法人ひとまき マキワリプログラムに参加してみた 

2018年10月9日

次に千葉県の金谷で田舎フリーランス養成講座(以下いなフリ)に参加した。

実は嶺北に行く前にいなフリにもすでに予約をしていて、嶺北から帰ってきたらすぐにいなフリへと向かう。

この時にぼくの貯金は割と尽きていて、残り1ヶ月分くらいの貯金しかなかった。

それもありいなフリではWEBライティングを学んだ。WEBライティングは即金性があり、やればやるだけすぐにお金を稼げるため、WEBライターとして在宅ワークをしてストレスフリーな生活を目指した。

 

このWEBライティングがまあ苦痛だった。ひたすら書いていても何が合ってるのかわからないし、最初は時給200円くらいにしかならなかったし。

それでもいなフリではひたすらライティングをして一応3万円くらいは稼げた。他のいなフリ同期はすごい人は10万円以上稼いでいたから全くすごくないんだけど。

 

それでその後約5ヶ月くらいひたすらWEBライターとして活動しているけど全然面白くない。。

最初は少しずつ文章を書くのがうまくなったように感じていて、楽しさを多少は感じていた。

ちなみに一応収入は右上がりではある。

1ヶ月目:約3万円

2ヶ月目:約5万円

3ヶ月目:約8万円

4ヶ月目:約12万円

5ヶ月目:約8万円

 

毎日家で作業しているけど、日々つまらないことの繰り返しだから死んだように生きているみたいな感じになってる。確かにストレスは会社員の時より感じないけど、「本当にこの生き方でいいのかなあ」と悩むことも度々ある。

 

それで会社員に戻る道も考えてみたんだけど、やっぱりそれはできないと思った。

長時間拘束されたり、重々しい嫌な空気をずっと吸っていないといけなかったり、苦手な人がいても我慢しないといけなかったりといったことを思い出すと無理だった。

ライティングがつまらなすぎて海でかっこつけた。

どうあがいてもこの働き方にしがみつくしかないなと思った。

会社員に戻るならライティングしてる方が数百倍ましだった。今後もしかしたら社会人に戻るかもしれないけどそれは「ここで働いてみたい!」とか「この技術を学んでみたい!」とか前向きな気持ちがあったときだけ。

 

でも1つだけ今すぐにでも、どうしてもやってみたいことがある。それはカウンセラー。

HSP&ADHD気味のぼくは社会に出てからあらゆる生きづらさを感じたため、少しでもいいから同じような人の悩みを軽くしたい。

ストレングスファインダーでも回復思考が最上位だったからかもしれない。

あとは自分のことでは全く努力できないけど、他人に頼られたらかなり実力を発揮できる。1人で黙々と作業をするよりも絶対に他人とかかわっていたほうがいい。直感的にそう思う。

 

だから今後はライティングでお金をある程度稼いだら、カウンセリングの講座を受けて何かしらのカウンセラーになりたい。できれば同じHSPのカウンセラーがいいけどまだ深くは決めていない。

 

知識もないし技術もないけどフリーランスになりたい人にアドバイス

独立していく技術もないし、今まで努力もまともにしてこなかったけど、社会に消耗しているからフリーランスになりたいと考えている方に向けてアドバイスをします。

ぼくは3流大学卒で努力も苦手だし、技術もなかったけど細々とフリーランスとして生き残っています。

本当にきつくなかったら嶺北や金谷(いなフリ参加した町)に逃げ込むことも考えているし、幸いお金が無くても支えてくれる身近な人もいます。

 

もしもこれを読んでいるあなたが会社に消耗していたら、すぐにフリーランスの世界に飛び込んでも生きていくことは可能でしょう。最悪フリーターとして少しづつスキルを身に着けたり、生活保護に頼るという手もあります。

今すぐに逃げても死にはしない。

 

ただしぼくはおすすめしません。

なぜなら会社員時代から副業として何かしらの技術を身に着けてから独立したほうがはるかに気持ちが楽だからです。

ぼくはここ数か月ずっとお金の心配をしてきました。その追い詰められた状態で逆に燃える人もいるそうですが、恐らく大半の人はそうじゃないと思う。

毎月安定してお金が入ってくるわけではないので、生きた心地がしなくて死んでるようなもんだなと思ってます。笑

 

もしも社会に消耗していたら今すぐにでも何かしらの手に職をつけましょう。技術が身に着いたら自分で副業としていくらか稼げるようになってから独立したほうがはるかに気が楽。

一応ここに参考としてストレスがあまりかからない副業を紹介します。

HSPの人こそ副業をせよ!HSPに向いている副業10選

2019年11月25日

もちろんこれ以外の副業も全然ありだと思います。

 

初めてこうやって無益の文章を書いてみたけど、慣れていないせいか普段のライティングの数倍難しかった。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

何とかこれからも生き残っていくぞ~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です