HSPが世の中に認知されてきて思うこと。




 

HSPカウンセラーとして活動しているセイタです。

最近ではYouTubeやTVでHSPを取り上げられる機会が増えてきて認知度が増しています。

非常に良い傾向ですよね。

HSPという概念を知ることによって、自分が苦手な事や得意な事が明確にわかるようになります。

HSP関連の書籍を読んだことがある人は、まるで自分の教科書のように感じた人も多いのではないでしょうか。

そしてSNSで同じHSPの人をフォローしたりHSP交流会に参加して、「この辛さは私だけじゃなかったんだ。。。」

と安心している方もいるでしょう。

 

逆にHSPを知ったことで生きにくさが増しているだろうと感じる人も多くみられます。

先日下記のような感じのツイートを見ました。

「あの人は自称HSPだけど、私にはできない図太い行動を取っていたから絶対HSPじゃない!」

 

この発言は「HSPはこうあるべき!」と自分自身にも言い聞かせています。

つまり自然とHSPらしい行動や言動をとるように自分を制限している状態。

そこにあなたらしさはなく、HSPらしさしかなくなってしまうのです。

 

どう考えても僕はこの思考だと不自由で生きづらいなあと感じてしまいます。(もちろんHSPに縛られる方が楽な人もいるでしょう)

 

それに一つの行動だけで「HSPじゃない」と断定できるほど簡単な気質ではないと感じます。

ここから先はもう少し具体的に「HSPという概念にとらわれすぎることはないよ~!」という話をしていきます。

こんな人におすすめ!
  • 自分がHSPということを知ったけどもやもやしている
  • HSPによる生きづらさが解消されない

 

 

同じHSPでも感覚は異なる

同じHSPでも感覚が全く異なります。

嗅覚、聴覚、視覚、感覚など優れていることが多いHSPですが、これも人によって大きく異なります。

例えば間が判別できる色彩はある程度決まっているけど、視覚が優れているHSPの人は通常の人間よりも多くの色を認識できたという話があります。

でもHSPの人がみんなそうかというとそうではありません。

僕の知り合いのHSPの人には、少しでも外に出ると刺激が多すぎて疲れてしまう人や、嗅覚が鋭すぎて香水や洗剤の匂いを嗅いでいるとひどい頭痛を起こすことがある人なんかもいます。

 

HSPであっても一般人並みに鈍感な人はいるし、活発的な人もいます。

HSPの産みの親であるアーロン博士によるとHSPの30%は外向型との情報も。

 

また4・50代のHSPの人とお話しする機会が多くあったのですが、その人たちは口をそろえてこう言っていました。「若いうちは今より敏感でもっと生きづらかったけど、今はずいぶんと図太くなった」

本当に同じHSPであれども年齢や経歴など人によってさまざま。

だから少しの行動や言動で「あの人はHSPじゃない!」と判別するにはあまりにも無理がある。

 

HSPでも様々なタイプがいる

広い視点でものごとを見ると、その人を形成しているのはHSP気質だけではありません。

育ってきた環境でも人は大きく変わります。

その人を形成する要素は気質(先天性)よりも性格(後天性)の要素が強いという話もよくあります。

(ちなみに心理学者アドラーによると人は死ぬ直前まで自分を変えることができると公言しています。)

HSP気質は改善できる!できちゃった!

2019年11月26日

そのため毒舌なHSPの人もいれば、活発的なHSPの人、周りの目を気にしない人、攻撃的な人もいます。

またその人の状態や環境によってもHSPの特性が強くなったり弱くなったりします。

例えば自分の好きな職場で自分に合っている仕事をしている人は、少しくらいの刺激でも動じず周りの目もいつもより気にならないでしょう。

 

あなたの人生を簡単に振り返ってみてください。

ずっと一定レベルの繊細だったわけではないかと思います。

その時の気分や体調が良かったり、何かにものすごく打ち込んで充実しているときは、周りの目は気にならない。他人よりも自分を優先させられる。

そんな経験をしたことがある方も多いでしょう。

 

ちなみにHSS型HSPとHSPもまるで人種が違うかのようにかなり違ってきます。

HSS型HSPの強み、メリット!現代社会最強の素質

2019年12月9日

 

価値観の押し付けは自分が苦しい思いをする


個人的には「あの人はHSPじゃないと思う!」のような発言は苦手です。

理由は上記ツイートのように誰も救われないから。

 

主観ですがこれらの発言をする人は、HSPに多いべき思考(完璧主義)が強めの人が多いですね。

僕はHSPだと公言している人はHSPだと思うし、そこに対しての意見も議論も不毛だと思うのです。

その人の辛さは同じHSPであれども100%理解できるわけではありません。なぜなら感覚や繊細の度合いは人によって全く異なるから。

そしてHSPという概念にとらわれすぎず、あくまでも一個人のあなたとして自分らしく生きてほしいのです。

HSP気質を持っている人は頭のどこかで平和な世の中を望んでいる人が多いと信じています。

だから僕はHSPの人たちが好きだし、助け合ったらもっとみんなが生きやすい世の中になると考えています。

 

もっと手を取り合って助け合っていこう

HSPは孤独や一人の時間を好む人が多いことは事実ですが、とはいえ人間はずっと孤独というわけにはいかない。

在宅で働いて、一人旅をして、ほとんど他社と関わらないで生きる。

今の世の中孤独に生きることも理論上は不可能ではないでしょう。

でもそんなの寂しくないですか?

人との交流で傷つくことはもちろん多いけど、それでも人との交流の中で感性が磨かれて、豊かな人生になると信じています。

我慢をしろということではありません。

自分ができる範囲で他者と交流し、社会の役に立ち、自らの意義を感じてほしいのです。

 

僕はHSPを自覚している、数百人以上とお話ししたことがありますが、やはりみんな魅力的なんですよね。

他人のことを本気で応援したり、自分のことのように喜んだり悲しんだりしてくれたり。

自分を犠牲にしてでも他人のためを思って行動する。

やっぱり改めて考えてみても素敵な気質だなあと思います。

 

どんどん他人と交流し、感性を磨き、自分らしく生きてください。一歩踏み出すことでとても楽しい人生が待っています。

 

そして最後に一番伝えたいことは、同じHSP気質を抱えているのだからもっと支え合って助け合って生きたいと思っています。

HSPのことを周りに話せる人がいない、そんな人は是非1度ご連絡いただければと思います。

HSPカウンセリング無料セッション募集!

2019年12月6日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です