HSPが転職をする際に注意すべきポイントとおすすめ業界!




 

こちらにてHSPに向いている仕事について紹介していきます。

僕自身リアルでもHSPの人と関わる機会が多く、今の仕事につくまでに数々転職をしてきたという話をよく聞きます。

 

ぼくの結論として会社を転職したくなるほどの、不満の8割以上の原因が人間関係によるものだと考えます。

そのため煩わしい人間関係を回避するためには、独立する、もしくは独立できるほどの技術を付けることがベストな選択だと思います。

特段何かやりたいことがない人は技術さえあれば独立できるITの世界に飛び込むことをおすすめします。

なぜならIT関連の職種は

  • 給料が比較的良い
  • 働き方が自由なところが多い
  • 人間関係がそれほど多くない
  • 独立しやすい
  • クリエイティブな要素を発揮できる

 

このようにHSPとITは相性が抜群にいいのです。具体的な職種はこちらの記事を参考に。

HSPはなかなか仕事が続かない?向いている仕事を紹介!

2019年7月19日

 

HSPの会社の選び方

会社を選ぶときは独立を見据えて1年~2年だけ働くつもりで選びましょう。

2年間必死に働けば独立できるスキルは身につきます。

 

会社のことを考えるとすぐに辞めることは申し訳なく思えるかもしれませんが、それは日本の常識がそうだからです。

海外だと今より条件が良ければ転職、会社の不満があれば転職、それが当たり前です。

それよりもあなたの幸福を優先に考えて行動に移していいのです。

良い意味でもっと自分に優しく自己中に考える。

 

中小企業で自分の体が壊れない程度の忙しさのであれば、スキルを身に着けやすく独立の近道にもなりやすいです。

 

転職サイトと転職エージェントはどっちがいい?

転職をする時は転職サイトを利用するか、転職エージェントを利用するかの2パターンがほとんどです。

2つの違いは自分で自由に会社を探すか、エージェントを利用して会社を紹介してもらうかで、両方にメリットデメリットが存在します。

 

転職サイトのメリット

  • 気楽に自由に利用できる
  • 応募できる企業が多い

 

求人数が圧倒的に多く、ある程度入りたい会社が決まっている場合は転職サイトだけ利用すれば大丈夫です。

自分のペースで転職活動を行えることも魅力の1つ。

 

転職サイトのデメリット

  • 企業との調整(面接対策、履歴書作成、面接日程の交渉)を全て自分でやらなければいけない
  • エージェントを利用するより早期退職率が高い

 

1番のデメリットは何から何まで自分でやること。転職活動中には何社も見ることになると思うので、1つ1つ見ていくのはかなり大変です。

また入ってみたらブラック企業だった、条件が少し違っていた、なんていう話もよくあるのでそれに比例して早期退職率も高い傾向があります。

 

転職エージェントを利用するメリット

  • 担当のキャリアアドバイザーが無料で支援してくれる
  • 企業との間に入りスケジュール調整してもらえる
  • 内定率が高い
  • 自分の市場価値を評価してもらえる

 

最大のメリットは転職活動における手間が大きく省けること。

スケジュール調整や、面接の傾向を教えてくれたり、自分と合いそうな会社を紹介してもらえるため

内定率は高まり、転職活動がかなり楽に進みます。

エージェント側は人材を企業に紹介し採用されることで企業から報酬を得るため、転職希望者は無料でサービスを受けることができます。

 

転職エージェントを利用するデメリット

  • 求人数が少ない
  • 担当者に当たりはずれがある
  • 採用されそうな案件しか紹介してくれない

 

エージェントと提携している企業しか紹介できないため、必然的に求人数は少なくなります。

良くない担当者の場合は、あまり意見を聞いてくれずに自分の意見を多少強引に押し付けてくることもあります。

とはいえ、たとえ紹介した企業に入社してもすぐに退職した場合は、エージェントは企業に報酬の1部を返却しなければいけないため、希望に合う企業を紹介してくれるはずです。

 

おすすめ転職サイトを紹介

 

リクナビネクスト

登録者数が約800万人にのぼる、業界最王手であり転職希望者全員が登録しておくべきサイト。

エージェントを通しての転職を希望している方で合っても、まずはこちらのサイトである程度の相場感を知っておくといいと思います。

20代の第二新卒世代から30代以上のベテラン社員向けまで幅広く求人があるので、とりあえず登録して希望業界を見ておくのもいいでしょう。

 

おすすめ転職エージェントを紹介

 

リクルートエージェント

転職エージェント業界でもトップシェアを誇っていて、求人数やサービスの質がトップクラス。

IT業界の求人数も多く、プロの転職アドバイザーによる紹介を受けられます。

 

また各会社ごとに面接対策を行っていて、よくある質問例を教えてくれたり希望者には面接練習に付き合ってくれます。このようにサポートが充実しているので内定率が高いのも魅力的。

 

 

レバテックキャリア

レバテックキャリアは転職エージェントの中でもIT業界に特化している評判の良いエージェントサービス。

初回面談は1時間半~2時間ほどかけて丁寧に面談をして1人1人に合った提案をしてくれるため、自分の中で企業を選ぶ判断材料が曖昧な場合は、キャリアコンサルタントが潜在的な考え方を引き出してくれます。

 

また転職成功率がかなり高く、その裏側では徹底された面接対策が。

例えば過去に不採用になった人の理由や、面接官の特徴、採用時の判断材料などをデータベース化しているため面接対策にかなりの強みを持っています。

 

 

マイナビエージェント

利用者満足度が圧倒的に高い大手転職エージェント。

特徴は20代(第二新卒)世代の転職に強く、キャリアアドバイザーのサポート対応がかなり丁寧な点です。

また中小企業の求人や、マイナビエージェントだけで取り扱っている独占求人数が多く、20代の方が転職エージェントを利用して、転職を考えている場合はとにかく登録しておきましょう。

特にWEBマーケターになりたい人にはおすすめなエージェントサービスです。

 

ここまでおすすめな転職エージェントを紹介してきましたが、飲食業界➡IT業界のように以前の仕事と全く関係のない業界を希望していても、エージェントから紹介されにくい傾向があります。

というのも未経験の場合は本当にその仕事が合っているかは判断しづらく、短期で離職されるとエージェント側はペナルティを受けることがあるからです。

 

そのためまずは独学でポートフォリオを作る、もしくはWEB系のスクールに通うことをおすすめします。

ポートフォリオとは自分の能力をアピールするための作品集のようなもので、WEBデザイナーやWEBエンジニアを志望している方はポートフォリオが必須とも言えます。

 

ちなみにWEB系のスクールに通うメリットとしては以下となります。

  • 受講を終えてから就職先を紹介してくれることがある
  • 独学よりも勉強時間を削減できる
  • スキルが身につけばそのままフリーランスとして働くことも可能
  • 面接の時に根拠のある志望動機を話せる

 

スクールを経由してから転職するほうが転職率は格段に上がるし、より良い企業に入れる可能性も高まります。

 

WEB系の技術を学べるおすすめスクールを紹介

 

TECHACADEMY

WEB系のスキルを身に着けたいなら1番のおすすめがTECHACADEMY。

簡単に特徴をあげると

期間 最短4週間
学べる仕事 プログラミング(対応言語多数)・WEBデザイン・WEBディレクション・WEBマーケティング・UI/UXデザイン・・・
転職支援サービス あり
無料体験 あり
料金(税別) 139,000円~
受講形式 オンライン(WEB上で受講)

 

WEBスキルを身に着けるスクールとして最大手で、現役のエンジニアがメンターとなって初心者でもわかりやすく教えてくれます。

料金は期間によっても異なり、最安値が4週間で139,000円、最高値が16週間で289,000円となっています。個人的には時間があるのであれば、最安値で申し込み短期集中でスキルを身に着けるのがおすすめ。

受講形式もオンラインのため都市部から離れていても勉強でき、わからない時はメンターにチャットで聞くことによってすぐに解説が送られてきます。質問は毎日15時~23時で対応しているので安心。

 

 

GEEK JOB

期間 1ヶ月~3ヶ月
学べる仕事 プログラミング(PHP・JAVA・Ruby)
転職支援サービス あり
年齢 20代対象
料金(税別) 完全無料
受講形式 オフライン(東京都千代田区)

 

GEEK JOBは企業側からお金をもらうことにより運営が成り立っているため、受講者は一切お金を払う必要がないというとてもありがたいサービス。

企業は良い人材が欲しいために、GEEK JOBと連携しているため就職決定率がかなり高くなっています。本来であれば未経験やフリーターであれば転職は困難ですが、紹介してもらう企業はそれを承知で受け入れているため、学歴や経歴は全く関係ないのです。

 

スクールは東京都で運営しているため、そこに定期的に通える方でなおかつ20代でプログラミングを学びたい方には本当におすすめ。

一応20歳以上であっても120,000円のコースであれば参加することができ、その後GEEK JOBが紹介する求人にて就職が決まったら全額キャッシュバックされます。

なので30代以上で合っても本気でプログラミングを学び転職をする意思があれば、迷わずにおすすめできるサービスです。

 

ちなみにTECHACADEMYでも同じですが、プログラミングを学びたい場合はWEBエンジニアとして活かせるPHPの言語がおすすめ。

 

 

WEBスクールを受講する流れ

  1. WEB上で申し込みをして無料体験やカウンセリングを受ける
  2. 受講するスクールを決めて、費用を支払う
  3. レッスンが終了次第、希望者は転職サポートを受ける

大まかにはどのスクールもこの流れ。もしいくつか気になるスクールがあれば無料体験に参加して比較しておくといいかも。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です