HSPの恋愛は疲れる?パートナーとして向いている人は?




 

「HSPの恋愛は依存傾向があるから恋愛に向いていない」こんな言葉を聞いたことはありませんか?

確かにHSPの人は愛情深いところがあるため、必要以上に相手に尽くしてしまってお互い疲れてしまうことは珍しくないようです。

 

それでもぼくはHSPの人は恋愛に向いていると思います。

理由は相手のことを思いやれるし尊重できるから。

でも上手にパートナーとの距離をとらないと依存してしまい疲れてしまいます。

そのためこの記事ではHSPが恋愛で気を付けることや、パートナーとして向いている人、パートナーの探し方についてを解説していきます!

 

HSPの恋愛でよく見られる特徴

HSPが恋愛をする時によく見られる特徴について紹介していきます。

 

情熱的である

HSPという言葉を生み出したアーロン博士によると「HSPの恋愛は情熱的である」と伝えられています。

HSPは愛情深い人が多いため相手に対する気持ちが強くなり、情熱的な恋愛になるケースが多い。

友人関係や家族関係でもせまく深く付き合う傾向があり、自分の身近な人を大事にします。

 

パートナーに依存してしまう

パートナーを大事にするあまりに相手に依存することがあります。

自分の気持ちではなくパートナーの気持ちを第一優先に考えてしまうことも。

「でもパートナーの気持ちを第一優先に考えるのはいいことじゃない?」と思うかもしれませんが、相手が重く感じてしまったり、あるいは何でも尽くしてくれるため対等な関係ではなくなることも考えられます。

本当に幸せな関係を築いていくためには、パートナーと50:50の関係になることが望ましいのですが、そうはならなくなってしまいます。

 

それに依存しすぎてしまうとパートナーの気持ちと自分の気持ちの境界線がわからなくなって、本当に自分がやりたいことや好きな事がわからなくなってしまう。

 

HSPが恋愛をする時に気を付けること

HSPが恋愛をする時には自分の行動を客観視して以下のことに気を付けましょう。

  • 他人との境界線を意識する
  • 気を使いすぎてしまう相手は避ける
  • HSPのことを知らない人だったら伝えた方がいい

 

他人との境界線を意識する(相手を優先しすぎない)

前述したようにパートナーに依存してしまう傾向があります。

例えばパートナーが精神的に疲れていたり、イライラしていたりすると気づかないうちに自分も同じように疲れやイライラを感じてしまいます

そのため感情が落ち着かない時には「この感情は本当に自分のもの?」と自分に問いかけてください。

嘘みたいだけど自分の心に問いかけることで、自分の感情か他人の感情かがわかります。

 

他人との境界線が曖昧だと余計なことで疲れちゃうんですよね。

他人がイライラしている原因が全部自分のせいだと思ったり、自分に関係ないことを考えすぎたり。

恋愛の時だけでなく実生活でもこれを実現できなければ余計なことで消耗しないで済むのでおすすめ!

 

気を使いすぎてしまう相手は避ける

いつも自然体でいられる相手がいいですよね。

できれば感情の起伏が緩やかな人の方がいい。パートナーといるときくらいはありのままの姿でいたほうがいいので、何もかも弱みをさらけ出せるような関係が望ましいです。

 

HSPのことを知らない人だったら伝えた方がいい

人口の約15~20%はHSPといわれていますが、知らない人もまだまだ多いですよね。

「パートナーに説明すると変に心配かけたり気を使われそうで嫌だ」と思うかもしれません。

 

それでもぼくは伝えたほうがいいと思います。

男性と女性では考えていることが異なることが多々ありますが、同じように内向型と外向型でも考えていることが全く違い、さらに言うならばHSPと非HSPでも全く異なるのです。

だから気持ちを分かってもらう必要はないと思いますが、HSPのことを簡単に説明してどういうことが苦手なのかは伝えておきましょう。

 

HSPのパートナーとして向いている人

パートナーとしてどういう人が向いているのかは、HSPの人でも異なると思います。

大きく分けると自分と同じような内向的な人か、もしくは真逆な外向的な人が向いています。

 

同じHSPや内向的な人

自分と同じタイプの人間だと、気持ちを分かってもらえる分打ち解けやすかったり、居心地が良く感じます。

他にも趣味が同じであることが多いため、同じ趣味を一緒に楽しむことも。

 

一方デメリットとしては気を使いすぎてしまったり、相手が悩んでいる時に一緒に自分も悩んでしまい問題を拡大解釈してしまうことがあります。

例えば会社で嫌な事があったときに相談したところ、相手も自分の問題のように悩みを抱えてしまい、解決するどころか「この悩みってやっぱり大変なんだ」と判断してしまう。

客観的に見るとそんなの気にすることはない、というような些細なことでも問題を拡大解釈してしまうのです。

 

自分とは正反対な外向的な人

ぼくは現在約4年間交際していて、パートナーは自分とは正反対な外向的な人です。

パートナーが外向的な場合、自分が落ち込んでいるときに共感ではなく、そんなこと気にすることは無いよ!というノリでくるため自分の悩みが軽く感じます。

ぼくから見たら図太く見えるときもありますが「なんでこんな些細な事気にしてたんだろう」と冷静にもなれるから、内向的な人と外向的な人は案外相性がいいのかもしれません。

 

ただし相手の趣味が飲み会や大人数のイベントのようにあまりにも自分と合わない人は避けるべき。

今の日本の社会を見ればわかるように主導権は外向的な人にありがちです。

だから外向的な人の趣味に自分が合わせるのような形になることも多いと思うので、あまりにも趣味が合わない人はおすすめできません。優しいあなたは、パートナーに「○○のイベントに行こう!」と誘われると、本当は行きたくなくても断れずに付いていってしまうかもしれません。

 

ここまでHSPの恋愛について紹介してきましたが、アプローチするのが苦手だったり、都合よく自分に合いそうな人が見つからない、このような悩みを抱えていませんか?

そんなあなたにはこれから紹介する、メンタリストdaigo監修の超性格分析というアプリを使用して、マッチングアプリWithを利用することをおすすめします!

 

超性格分析をしてみる

普通に自己分析にもなるみたいですが、相性診断なんかもできます。

5分くらいあればできるのですが、普通に面白い。

メンタリストDaiGo-超性格分析- 究極の相性診断
メンタリストDaiGo-超性格分析- 究極の相性診断
無料
posted withアプリーチ

 

ぼくは協調性とチャレンジ性が高くて、社交性とメンタルが低い。

 

こっちがぼくのパートナーですね。

つよい…。。

 

あと二人の相性を見ることもできます。

暇つぶしにも最適!

 

 

パートナーを探すならマッチングアプリのWithがおすすめ!

マッチングアプリWithの特徴は自分の好きな事や趣味を設定しておくことで、心理学や統計学に基づいた観点から自動的に共通点のある会員を紹介してくれます。

利用者は主に20代が多く、他のマッチングアプリよりも真剣な恋愛を求める人が多くなっています

自己紹介を登録し、共通点の多い相手を探します。

共通点の多い人は気になるので、自己紹介はしっかり記載します。

面倒に思うかもしれませんが、1番大事な部分なので本気でパートナーを探したいなら真剣に記入しましょう!プロフィール写真も忘れずに!

 

次は実際に気になる人を見つけたら「いいね」や「ありがとう」をしてみましょう。

プロフィールをみて気になる方がいたら「いいね」を押してみたり、「メッセージ付きいいね」をすることもできます!

 

気になる相手に「いいね」をして相手からも「いいね」がかえって来たら無事にマッチング成功!

ちなみに相手の「いいね」に対して「ありがとう」を送った場合はメッセージのやり取りが可能になります。

 

 

Withは真剣な恋愛をしたい人や恋愛初心者の人には向いているマッチングアプリです。

料金ですが女性は基本的には無料。

ただし人によっては2回ほど払う機会があります。

  1. クレジットカード決済で年齢確認を行う時(100円)
  2. withポイントを購入する場合

メッセージを送るときは年齢確認をする必要があり、その方法が以下の3つのどれかを送るか、クレジットカード決済をする必要があります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

上記のどれかがあれば写真を送れば問題なく、どれも持っていない場合はクレジットカードで年齢証明をすることになり100円がかかってしまいます。

 

またwithポイントはいいねをするために必要になりますが、女性は毎月30いいねをもらうことができるので、30回もいいねをしないよという人には必要ありません。

しかしマッチングアプリは基本的に男性が女性にいいねを押してマッチングするのが基本なので、女性がいいねを消耗する機会は少ないので問題ないでしょう。

そのためほとんどの女性は完全無料で試せます。

 

男性の料金プランは以下の通り。

 

HSPの人は恋愛に向いていると思っていますただしなかなか自分からアプローチができない人が多いことも事実です。

ぼくはパートナーとの恋愛を通して、お互いにかなり成長できたと思っているので、もしも出会いの場がないと悩んでいる方がいたら利用してみてはいかがでしょうか。

前述したように女性は無料なので登録してどんな感じかだけでも見てみるといいかもしれませんね。

それでは良きパートナーとの恋愛を楽しんでくださいね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です