NPO法人ひとまき マキワリプログラムに参加してみた 




 

2018/10/2~10/7にマキワリプログラムの一期生として参加しました。

突然ですが、人生の目的ってありますか?

僕は生き方に悩んでいて、今後どうすればいいかわからなく途方に暮れた状態だったときに、このプログラムを見つけたので思い切って参加を決めてみました。

今では少しずつ人生の目的が見えてきたような気がします。

 

今回はマキワリプログラム一期生として、学んだことやプログラムの詳細について書きます。

5分くらいで読めるので、プログラムの詳細が気になる方、生き方に悩んでいる方は是非読んでください。

こんな人におすすめ
  • プログラムの存在自体は知っているが参加しようか迷っている
  • プログラムの参加は決まっているけど、準備しておいたほうがいいことは?

参加した目的

  1. 新卒で入社した会社を五か月でやめた
  2. フリーランスとして活動している人を実際に見てみたい
  3. 今自分が何をすべきかわからない

僕が参加した目的はこの三つ

実際に一週間で体験したこと

僕はハヤシはうすに滞在しました。ハヤシはうすでの一週間はこんな感じ

 

一日目 台風のため二日目から参加

二日目 自分史発表&ハヤシはうすオーナーとの面談

三日目 川散策&インタビュー

四日目 インタビュー&自由時間

五日目 フードクリエイティブ&インタビュー

六日目 一週間の振り返り発表&農業

七日目 帰宅

毎日一日の終わりにハヤシはうすメンバーで一日の振り返りをします。

 

あっという間の一週間。

基本的には滞在者の希望にあわせて活動するため、自分がやりたいことをできます。

あらかじめ何をしたいのか決めておくといいかも。

当時のハヤシはうすメンバー

インタビュー

インタビューを受けてくださった方は

 

僕の場合は、「いろんな生き方をしている人の話を聞いてみたい」だったのでこちらの方々を紹介してもらいました。

「○○さんに会いたい!」と思えばアポを取っていただくこともできます。

もちろん、相手方の都合や嶺北に住んでいる人に限ると思いますが。

 

インタビューめちゃくちゃおすすめです!

様々な生き方をしている人の仕事観や人生観をじっくりと聞ける機会、そう無いと思います。

これを有効活用しない手はありません。

まきわりプログラムに参加を考えている方はインタビューしてみたいと伝えましょう!(誰に話を聞いてみたいとかあるともっといいかも)

自由時間の過ごしかた

基本的には共同スペースのわんくやpc作業できるカフェで過ごします。

毎日詰め詰めで何かをするというよりは自由な時間も多い印象です。

過ごし方はみんなそれぞれで

  • ブログを書く
  • 本を読む
  • 散歩をする
  • 川でボーっとする
  • ゲームをする

食生活 実際にかかったお金

食生活に関してはこんな感じ。

朝食代 100円~200円 各自(朝の散歩がてらにコンビニに行ったり前日にスーパーで買ったり)

昼食代 500~800円 外食

夕食代 250~500円 はうすメンバーで自炊

なのでどんなに高くても(200+800+500)×6で9000円あれば大丈夫。

飲み物はお茶や水はありますので買わなくても大丈夫です。

 

 

*注意 ひろめ市場への観光やお酒を飲んだり等もありましたので+5000円くらいあれば十分満足できると思います。

もちろん行くいかないは個人の自由でぼくは観光にはそれほど興味なかったので待機していました。

飲酒に関しても好きな人はスーパーやコンビニで買って飲めばOKです。

参加する前に準備したほうがいいこと

正直そんなに準備必要ないような気もします、、笑

というのも、このプログラムに興味を持っているのは何かしらの悩みがある人ですよね。

だからこそ気軽な気持ちで参加してみてほしいです。

そしていろんな価値観に触れてみてほしい。

終わってからの自分の気づき

ここからはぼく自身が学んだことなので読み進めてもらっても構いません。

  • 嶺北の人は活き活きしていた
  • 自己理解が浅い
  • 逃げ道ができた

嶺北で活動している人はみんな活き活きしていた

その理由は

  • みんなが意見を否定をしない
  • 自分の意志で判断、行動している

からなのかなと思いました。完全に主観ですが。

すごく簡単にいうとみんな優しい。笑

ぼくも普段は話せないような本音で自分の考えを言うことを心がけた。

今思うと何を言っても否定されないから、自分の意見を真っすぐ伝えられて、自分の本音と向き合えました。

自己理解が浅い

普段自分の本音と向き合うことが少ないと実感。

僕は自由な時間はひとりで散歩したり河原に行ったりしました。

この時間ってすごく大切。

普段自分と向き合わないから自分の事がわからず、客観的に自分を見つめることができていません。

自分を理解し自分の気持ちに正直になることでもっと生きやすくなるのかなあと思います。

逃げ道ができた

「もしフリーランスとして活動して行き詰まったらまたここに来よう」そう思える環境があるからこそ思い切ってチャレンジできます。

何もかも犠牲にして頑張れるほどぼくは強くありません。

だからこそ困ったときに迎えてくれる我が家のようなコミュニティができたことは勇気にもなります。

同じ時期に滞在していた方々

最後に

僕はこのプログラムに本当に感謝しています。

満足度は90%

まだまだ始まったばかりでこれからの滞在者とともに、より良いものに仕上がっていくという期待を込めて。

 

無料で受け入れてくれて、何もわからなかったけど、小さな一歩を踏み出すきっかけになった。

あとは行動で感謝を示していくだけだと思っています。

お世話になった方々本当にありがとうございました。

 

そしてプログラムに参加を考えている方々へ

生き方や人生に不安がある方はとにかく参加することをおすすめします。

前向きに生きている人たちに触れることだけでも大きな刺激になる。

生き方は何度でも選べる!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です